ライフ・イズ・シンプル

印象的な言葉を拾いながら心が楽になれるヒントを集めてみました

幼き頃の記憶

f:id:o_atom23:20140813032025j:plain

前の記事の続き・・・

もうひとつ、プチ癒しフェスタでの体験話しを。

 

スピリチュアルカウンセラーの方に、自分の2歳の頃の記憶をみていただきました。
その年頃は、生みの父と死別したころ。自分のお父さんの顔の記憶もなく、ときどき思いをはせる。うちのオカンは、今のお父さんに悪いからと、まったく話しをしない。遺品もすべてなし。(ひとつだけあったかな・・・)

 

2歳という年頃は、記憶を読むのがむずかしいらしいが、あるシーンの記憶を読み取って、お話をしてくれました。

じつは、以前にもチャネリングをしてもらったことがあって、その人と同じ内容だったので、間違いないんだろうなぁっと。

前のお父さんは、私のそばではなく、遠くのほうで見守っていてくれる。
これまた、なんともな距離感(苦笑)

―――時々、思い出してくれるだけでいい―――

家族の絆って、ほんと不思議だ。

自分が選んで生まれた両親、環境で育ち
私は、ある役割を果たすために生まれてきた。

―――あなたがいなければ、私は生まれてこなかった―――

まだ、その役割を明確にできていない。
きっと、これから・・・なんだろう。

 

 

 

学生の頃から、つっぱしってきて、
2008年ごろから、いわゆる「冥王星の時代」に突入。
それまでの生き方を、真っ向から覆され、ここ5年間は、つらいというか、大変だったというか、人生のどん底を味わった。
ゆっくり時間をかけて、今までにないテーマにぶつかってきた。

 

やりたいことをあきらめると、自分らしくなんていられない。
失敗したくない恐れや、年齢を理由に、小さく収まろうとしていた自分。

まぁ、いろいろ周りの整理、引き出しを増やしたり、体力の温存などなど、
一度は、スピードダウンも必要だった・・・・

 

時間が必要だった。
もっと他に生き方があるのかもしれないけど、
「自分が望んでいるのは、これじゃない」とわかっている以上、
やっぱり妥協はできない・・・・

もう少しの間、勉強、下積み期間だと思っている。

人は、前にしか進めない。

これからは、それを信じて歩いていける。

 

エガちゃんのコトバ
「本気でやらないと、本気で笑えないんだよ。」を
私流に言い換えるなら
「本気でやらないと、満足できないんだよ」