ライフ・イズ・シンプル

印象的な言葉を拾いながら心が楽になれるヒントを集めてみました

やっぱり、人それぞれ役割があるんだな~

 「医者になるつもりはなかった」という人が医者になった場合・・・・

既成概念を覆すというか、自分なりの考えがあるからこそ、人とは違う道を開拓する。たとえ、それが周りの常識に反し、敵を作ろうとも。それでも突き進むことができれば、おのずと道が見えてくる。それが自分の行く道だと知る。

 

※以下の記事は、本文と関係ありません。

 

岡本よりたかさんの真似をして「医学不要論」僕が何故精神医学を否定し医学不要論を提唱したのか。医学部に入る前にそもそも医学に興味がなかったし、医学部なんてみんなカネ儲けか、成績がいいから入る高校生しかいないことは知っていた。やる気ない...

内海 聡さんの投稿 2016年3月9日

 

私もやりたいことが、たびたびでてきて、でもそんなに抱えることはできなくて、だから、すぐには決断しないし、本当に自分がやりたいことなのか、よく自問自答して。

一人で全部やろうとするんではなくて、自分のポジションを見つけて、それに協力してくれる人を探す。

 

当事者でなければわからないことがあるとすれば、自分が経験して気づいたことは、これからの生きる道のヒントがあるだろう。

あとは、独自の考えを声にし、行動していけば、おのずと道は切り開かれる。

 

たいていの人は、口ばっかりで、何もしない。
最初はよくても、継続できない。最低1年はやらないとね。

 

私も、やりたいことがありすぎて、結局、中途半端に終わることが多かった。
ようやく、その原因がわかった気がした。

 

人それぞれ、やっぱり生まれてくる意味があるんだ。
その人だから、こういう発想が生まれ、人がついてくるって。

ただやみくもに、その時の興味だけで「やってみたい」ことをすればいいってもんじゃない。

 

自分の内側からこみあげてくる思いに気づいて、直感を信じて、継続できることこそが、本当に「やりたいこと」な気がする。