ライフ・イズ・シンプル

印象的な言葉を拾いながら心が楽になれるヒントを集めてみました

桜の路の下で ~私が想う春~

私は、20代のころは、忙殺の日々で、近所の桜さえもみにいく時間もなく、数える程度しか桜をみていない。

桜の下でブルーシートを敷いてお酒を飲む花見なんて・・・・
記憶にあるのは、3、4回くらい。
友達やボランティア仲間がメインで、家族や恋人となんて、、、、

 

30代に入ってからは、仕事の転換期、両親の入院、実家の引越し、私の一人暮らしスタート・・・などなど、生活が大きく変化した時期だった。

気が付けば両親も高齢になり、いままで毎日会っていた親が、月に1回のペースになり、いつのまにか、春を迎えるころに考えるのは、
あと何回、「3人家族」で春を迎えられるだろう・・・・

恐らく、両手で指折り数えて、あまるくらいだろう。


桜の咲く期間は「残された時間」の象徴なのだ。

 

たかがデートで「いつでも行ける」っていうけど

そんな先のこと、約束できないじゃん。
今回の約束でさえ守れていないのに。。。

 

 

私にとっての「約束」は無意味に近い。

「約束」に縛られて、傷ついてきた過去がある。

もちろん、誰にでもあることだろうけど、私にとっては、それがなかなか深い傷となって、今でも引きずるくらいだ。人をあてにしないというもっともな理由だと思う(苦笑)

 

 

桜の儚さは、人の都合を あざむくよう。
だからこそ、「今」と思ったら、その時を逃しちゃいけない。

 

 

昼前に、わびの電話がかかってくる。
以前、その電話にでなかったことに、逆切れされたこともあるので、しぶしぶでる。

 

「もう行かないし、約束はしたくない」と私は言う。けど、相手は悪びれもなく、言い返してくる。こうなったら、どっちかが折れないと、そもそもの関係に悪影響に発展しかねるので、ここは大人の対応をしなくてはいけない。

 

 

結局、お互いの予定を合わせると、次のデートは1週間後。

「その頃には、もう桜が散っているよ」と嫌味をいうのがせめての強がりだった。

 

 でも、本当は、花が咲いてても、散ってても、大事なことは、 

いっしょに過ごす時間なんだ。

 

 

いつか、ひとりぼっちになったとき
心のよろ処に、その思いでがあれば、きっと幸せだと思うから。