読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライフ・イズ・シンプル

印象的な言葉を拾いながら心が楽になれるヒントを集めてみました

人は本当に孤独になると死ぬ

 

 


今のパートナーと出会うまでは、ひとりのほうが楽で、

ずっと一人で生きていると思っていた。

 

確かに、人と付き合うと、時間を拘束されるし、

お金かかるし、面倒なのは確かだけど、

人付き合いをしながら、自分の足りないところを知ったり、補い合ったり、

切磋琢磨しながら、成長できる。

別に、恋人や配偶者でもなくても、できるかもしれない。

ただ「愛しあうこと」は、友人、知人ではできない。

たぶん、「愛」というのは、気持ちいいだけではなく、

どんなにつらいこと、苦しいことも、乗り越えられるエネルギーになるんだと思う。

 

だってただの友人や知人だったら、

つらかったり、苦しかったら、離れたり、別れたりすれば、それで終わりだもんね。

 

一生を共にする人となら「決心」「覚悟」が必要で、

おそらく、幸せなことより、苦労のほうが多いのかもしれない。

正直、別れた方がいいと思うことは、何度もあるし、そういう危機に、何度も遭遇する。

どんなことがあっても、向き合って行かなければいけない「現実」。

その現実こそが「生きている」っていう実感だったりする。

 

「ひとりのほうがまし」とか「友達がいない」とか。

とは言っても、アドレス帳に登録している人は、一人ぐらいいると思う。

だから、ひとりと思い込んでいるだけで、本当のひとりぼっちではないと思う。

 

本当に、この世の中で、自分しかいなくて、誰も助けを呼べない状況になった時、自暴自棄になり、最悪の場合は、孤独死につながるかもしれない。

 

 

自分が生きているっ間は、ひとりぼっちではない。

自分が殻にとじこもっているだけで、周りの心配に気づかないだけなんだと思う。

 

ときに心配されることを、口うるさく言われてカッとなって殺してしまう事件も、少なくない。加害者は、どんだけ、自分勝手なんだろうと思うし、被害者は、本当にいたたまれない。

 

自分が生まれた時、両親はとても喜んだと思う。
望まれない子もいるかもしれないが、少なくとも、産んだと決めた時は、不安もあっただろうけど、十月十日、つわりなどを乗り越えて、育ててきたんだもん。それはそれで、愛がなければ、育てられないよ。

 

どんなにつらくても、泣いてしまう日々があろうと、

生きている限りは、ひとりぼっちではない。

自分を信じて、今できることを一生懸命にやれば、必ず報われる。

焦らずに、諦めないで、前を向いて歩くしかない。

 

魔法の言葉。

「これでいいのだ」「なるようにしかならない」