ライフ・イズ・シンプル

印象的な言葉を拾いながら心が楽になれるヒントを集めてみました

依存症についての理解がなければ、ただ本人を追い込むばかり

TOKIOの会見をYoutube でちょっと見ましたが・・・
正直、アルコール依存症が身近にいる私としては、あの会見を山口氏がみたら、下手したら命を絶とうするんじゃないか・・・なんて不安がよぎります。

ましてや、ヤフーニュースのコメントにもあったけど、あのメンバーの会見は、メンバーの気持ちはわかるけど、メンバーにあそこまで言わせちゃダメだよ。事務所の責任者が表に立って、守らないと。

依存症に対して理解がなければ、ただただ「甘ったれ」という言葉でせめるだけですが、依存症はれっきとした「病気」であって「治療」が必要です。

依存症の人は、病人です。

それを「甘ったれ」だの「信じられない」など言えば言うほど、ただただ本人を追い込むだけです。

私自身、元パートナーが、統合失調症であり、薬物依存症であり、アルコール依存症であったので、私の無知と理解が足りないせいで、本当にケンカが絶えず、結局「パートナー解消」という結論に至りました。

 

メンバーとして、信頼していたからこそ、愛があったからこそ、余計に相手を責める気持ちはわかるけど、相手が依存症という病人である以上、まともな状況でないことを、メンバー自身が理解するべきだと思う。

 

最初は「怒り」や「許せない」という感情が溢れて、すぐに気持ちを切り替えることはできないでしょう。私の場合も何年もかかりました。

しかし、依存症というのは、適切な治療をしなければ、本人のつらい立場を誰も理解することができないまま、関係が壊れるだけです。

 

大抵の依存症の人は「自分は依存症ではない」と否定するのも典型です。

いち早く、周りの人が 気づき、サポートすることが、本人の救いの道だと思います。

 

依存症への理解がない言葉を、はけばはくほど、本人にはどうか耳にしなければいいんだけど。。。

「言葉」や「動画」は、記憶やデータを削除しない限り、ずっと残るからね。

 

どうか、依存症という病気であることを忘れないでほしい。