午後のペンギンblog(2)子育て・介護予備群・マイライフ

人生おりかえし ~ どんな時も、笑顔と感謝を♪

結婚指輪は(じゃぁ)いらない!という話

結婚指輪(マリッジリング)とは、結婚の証として男女が身に着けるペアリングのこと。

日本に結婚指輪の風習が伝わったのは、明治時代の開国前後のこと(略)

参照元URL:http://wedding.mynavi.jp/ring/contents/pages/marriage/imi/

個人的な意見ですよ

アラフォーにもなると「結婚式」をやるということは、

よっぽどでないとする人は少ないんじゃないかなぁ(汗)

うちの場合は、両親、親族が高齢のため、なかなか移動は難しい世代になっていたこと。

彼の両親は、離婚かつ、車いす生活だったことで、もともと結婚式をしない方向で話をしていました。

(彼の妹弟とも仲が悪いらしく、ほぼ連絡をとっていないという・・・)

フォトウェディングの話もあったけど、ちょうど妊娠中だったことと、

愛娘が生まれて撮ろうとしても、新生児〜乳児の時期は、なかなか難しいという現実(気にしない人もいると思いますが)。。

そんなこんなで、彼もあまり積極的でもなかったので、私も特に願望もなかったので、形式的なことは、ほぼカット。

ある日、彼から「指輪どうする?」と言われて、あ、考えてくれていたんだと内心うれしく、「私が選んでいい?」といって、数日かけて選んだ候補。

そして、彼に指輪のサイトを見せたら、ひとこと。

「高い。ダメ」

ペアで、だいたい30万円。相場といえば相場。

確かに、もっと安いもある。

「じゃあ、いくらだったらいいの?」って聞いたら

「1万円くらい」といったので、普通怒りますよね(笑)

「そんなの、売ってないわい!」と。

彼「シルバーであるじゃん」といって

私「じゃぁいらんわい!(激おこ)」。

45歳の同棲中の友人に、その話をしたら

「私だったら、なんでも嬉しいけどね」

私って贅沢なのかなぁ〜と思い返す。

そして、しばらく経過して、彼が選んで指輪を買ってきてくれました。

その指輪はステンレス製で ちょっと厚めなんですね。

指輪の角はほぼ直角で、中指に当たって痛くなってきたので、普段は指輪をしていません(笑)

こういう形式のことは、価値観がそれぞれあるので、事前に話し合いができるといいかもですね。

「そんなの当たり前」って思う人同士だったら必要ありませんが。

経済的なこともあるけど、お金の使い道は、人それぞれに考え方がありますからね。

ただし、お金がなかったり、何かの都合で、「なし」になったとしても、愛とは関係ありませんからね。

むしろ、お金をかけたから愛されているという価値観を持つ人は、理想が強いかもしれません。

「結婚相手」なら、お金のことはきちんと話し合いができるパートナーのほうがいいと思います

出典:http://fundo.jp/79397