午後のペンギンblog(2)子育て・介護予備群・マイライフ

人生おりかえし ~ どんな時も、笑顔と感謝を♪

(断薬にむけて)精神病患者をもつ家族として 〜 同じ日は繰り返さない

うちの彼が通っている心療内科がブラックなので、「頭がいたい」「薬が欲しい」「もっと強い薬が欲しい」といえば、すぐに処方してくれる闇人なので、ひどいときは15種類以上の薬を処方して廃人にしていました。 その数年後ーー 私と出会ってからすぐに妊活&妊娠。彼の素性も知らないまま(笑)ことが先に進んで、だんだん「おかしい」と思うようになり、彼も素性を隠そうとするから(バカでしょ)、会えば喧嘩。何度も別れ話に至ったけど、何とか乗り越え・・・ やっと「精神疾患&薬物依存症」と白状したのは、出会って2年以上経過してからでした。 いまは、断薬(たまに睡眠薬を飲みました)、禁酒も2ヶ月以上経過しました。 やっとやっとここまできました。 出会った当時の陽性症状も、離脱症状もなくなり、顔にも正気が戻り、うつろな目もパッチリになりました。 精神病を患う人の家族として、、何の参考にもならないと思いますが(苦笑) ざっくりだけど、ここまでやってきたことメモしておきます。
  1. 本人に薬物依存症の自覚がないので、症状をリスト化して本人に見せるも「嘘だ」と否定される
  2. 担当医に直談判しに行くと言ったが嫌がれ、断念
  3. 公的機関に相談するも、重症患者はダメだと断られる
  4. 「断薬」できる病院を探すが、本人が嫌がり断念
  5. 頭がモウロウとしてトラブル起こす。反省させるためにセカンドオピニオンを受けさせる。「光トポグラフィー検査」
  6. セカンドオピニオンを受けさせるも担当医に「転院を拒否」を宣言したため「本人の意思を尊重」と言われ転院失敗
  7. 同じ精神病者のブログ(http://schizo.hoshuasiwish.net/)を発見。ここで一気に病気に対しての理解を深める
  8. Youtubeうつ病の薬物依存症の動画(https://youtu.be/tq2pzyhqXxw)を発見&彼に見てもらう
  9. 薬物にてまたもやトラブル発生。意識モウロウとしている動画を撮影。シラフのときに、その動画を見せて本人を絶句させる(効果あり)
  10. 子どもが大きくなる前に、今と変わらなければパートナー解消の誓約書を書かせる(かなり効果あり)
もちろん「10」では収まりませんが(笑) 私たちの出会いは、ほんとに偶然の偶然に重なり、 最初の試練にしては、かなりヘビー級でした。 本当に、いろいろあった中で、子どもが一番がんばってくれました。 そして、彼も心を入れ替えて、まともに近づいてきました。 治るかわからない病気を抱えている家族にとって 許せない気持ちが怒りになり、自己嫌悪になり、どうしようもない時が何度もやってくると思います。 その時私の場合は、 彼の奥に潜んでいる本質というか、優しさや純粋さを信じました。 そして、思い通りにならない=相手に期待する気持ちを捨てました。 私の人生、彼の人生は、それぞれの道があるんだから、 彼のペースで、自分の人生を行けばいいと。 簡単にいうと「諦め」ですけど。 自分(家族)が苦しむ必要はない。 苦しむ原因を見つけて、そこから「解放」させなければ、続けることは無理だと思いました。 なぜか、神様は 私には、このパートナーを与えられたということは それなりの理由があるんだと思います。 ありがたいことに、それぞれの両親は 私たちの関係について何も言わない。 孫ができたことが大きいかな。 そんな私たちのことを受け入れてくれたことには、それまた感謝かな。