読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライフ・イズ・シンプル

印象的な言葉を拾いながら心が楽になれるヒントを集めてみました

どんなときも、支えあえる関係

「恋愛」と「結婚」と「家族」

100組いれば100通りの関係があり、
もちろん、何が正しいとかは、ない。

その「関係性」は、当事者同士しかわからないし
はたからみれば「なんであんな人を選んだのかしら?」っていう
よくある疑問も、こればっかりは 本人同士にしかわからない。
それこそ、その人とその人の間には「運命」があると思うから。

ここでいう「運命」は、良いコトだけではなく、
自分たちの魂を磨き上げるパートナーとして・・・という意味で。

 

最近のニュースにある、殺人事件、薬物、虐待、自殺・・・・
「被害者」といわれる人は、「家族」という存在が必ずある(当たり前だよね)

さて「加害者」はどうだろう?

「加害者」にも、だいたいは家族がいると思う。

そのとき、家族は どう向き合うのか。
もしも私だったら?

 

人生の中で、もしも「一人では生きていない」というのなら、
必ずしもいい時ばかりではない。

例えば、他人に迷惑をかけたり、犯罪行為に及んでしまったとき、家族の影響というのは、とてつもなく大きいと思う。

 

そして、たとえ加害者側だとしても
その人にとっての救いは「家族の支え」は必要なんだと思う。

そのとき「許せる」だろうか。

そして、向き合えるだろうか。

自分が被害者の場合、自分を守るべく手段として離縁を選ぶ場合もあるけど

家族の誰かが加害者のとき、一番つらいのは本人であって、家族として支えることに決意は必要なんだと思う。