ライフ・イズ・シンプル

印象的な言葉を拾いながら心が楽になれるヒントを集めてみました

おもひで

2002年7月某日

「この部屋に決めちゃいなさいよ。新宿のマンハッタンが見えるのよ」

ちょっと古めの電動車いすで(ゆっくり)風を切る。
小柄だけどずんぐりとした体型、顔いっぱいに年輪を浮かべながらも、つぶらな瞳の奥にピカリとした鋭さをのぞかせる。
初対面とは思えない、遠慮がない営業力、昔ながらの商売スタイル。
だけど、とってもチャーミングなおばあちゃん(当時社長)

 

何度目かの更新時に、社長の娘さんが担当に変わっていた。
最初は、おばあちゃん社長は留守なのかなと思ったけど
翌々年の更新時も、おばちゃんの姿はなく、その代わり、部屋の目立つ場所に、おばあちゃんの写真と「家族宛?の感謝の手紙」が飾ってあった。

手紙と並んで貼ってあった、おだやかな社長の写真。

泣きそうになった。 

 

 ---

 

私の部屋があるアパートの目の前に、大家さんの自宅がある。
引越し当初は家賃を直接大家さんに渡しをしていた。

ある日を境に、私の仕事が激務になり、なかなか大家さんのタイミングが合わなくなってきた。

 

何度目かの更新のときに、現金渡しではなく、銀行振込に変更をお願いをした。
なぜかというとオーナーは、大家さんの娘さんに変わったって。

「大家(奥)さん、亡くなられたのよ」

 

目と鼻の先でも、 気が付かなかった。
本当にたくさんお世話になったのに、最後にお礼を言えなかった。

 

 

 ---

 

私の住んでいるアパートの隣のアパートのおばちゃん。

もう50年以上、いまの家に住んでいる。

もちろん、私が引越ししてきたころからいる。

 

毎日毎日休みなく、近所を掃除をしていた。

その道を行きかう人たち、ほぼ全員にあいさつをしていた。

だから、この道を通る人たちは、みんなおばちゃんのことを知っていると思う。

 

去年くらいから、同じ話しをよくするようになった。
2、3回レベルではない。
毎回、同じ内容を繰り返す。

そして今年から、私の顔さえもしばし忘れることがあった。
足腰も、だいぶ辛そう。

それなのに、毎日の日課の掃除は忘れない。
周りに気を使う優しいおばちゃん。

 

私が引っ越してきたのが、24歳のころ。
そんな私が、アラフォーになるんだもんな。
おばちゃんもいい年だよな。

 

今日、引越し前の挨拶をしてきた。
玄関にでてくれたのは、おばちゃんではなく、その娘さん。

普段は挨拶する程度だったけど、ちょっとだけ世間話をした。

 

うちの両親もいい年なので、いつかは自分の身にも起こるだろう。
人が老いることを、じょじょに直面していく時期になったのだ。

どうか、くれぐれも体に気を付けてね。

ほんとに、いままでキレイにしてくれて、ありがとう、おばちゃん。