午後のペンギンblog(2)子育て・介護予備群・マイライフ

人生おりかえし ~ どんな時も、笑顔と感謝を♪

お風呂の入り方を知らずに育つ子

こんな記事を見つけた
教育困難校では「風呂の入り方」も教えている http://toyokeizai.net/articles/-/155208?page=3
自分の見識なんて、たかが両手に抱えられる程度。 「教育困難校」なんて言葉も初めて知ったよ。。 世の中には、家族の数だけ子育て方法があるはずだ。 親としては、どんなことも「正しい」と思って教えるのであって たいがいは「子供のため」を思ってやっていると思う。 この記事を読んで、心のどこかで信じがたい気持ちになる。「本当にこんなことがあるのか」と。 子供にとって、最初の社会生活は「家庭」にある。 いい影響も、わるい影響も、家庭が原因であるといっても過言でないと思う。 学校や社会へでることが増えれば、いやがおうにも「育ちの習慣」がベースとなって、振る舞いを行うわけで、大人になれば、たとえ「それ、おかしいよ」っていうことなんて、 ほとんどの注意されなくなる。 子供のうちに、家庭以外のいろんな価値観に触れることは重要だなと思った。。。